新型 シエンタ 値引き

新型シエンタの値引き、現在は「10万円」ほどが値引きの上限額になりそうです。発売からしばらくは少ない値引きの状況が続くと思います

でも実は、下記で紹介するサービスを使えば値引き交渉に時間をかけるよりも、はるかに簡単に新型シエンタの購入総額を安くできることがあります。もしかすると「40万円」以上、元々の購入総額より安くできるかもしれません。

私にとってシエンタは、セールスマン時代にたくさん売れた車なので思い入れの強い車です。とても良い車なので、少しでも多くの方が安く購入するための手助けをこのサイトでできればと思います。
「値引き交渉に頼らずシエンタを安く買う」方法をこれから紹介したいと思います。

・シエンタ購入時の下取り車は買取業者に売る

理由は後述しますが、下取り車がある場合は、ディーラーに売ってしまうと非常に損です。買取業者に持っていけば、ディーラーよりもさらに数十万円高く買取してもらえることが珍しくないからです。

こちらのサイトにも、買取業者で下取り車がディーラーよりも「40万円」高く売れたという体験談が紹介されています。

かんたん車査定ガイド

私がセールスをしていた頃も、値引き交渉中のお客さんにわざわざ買取業者を紹介しているスタッフがいたくらいです。(そのセールスは後で業者からもらえる紹介料目的ですが)ディーラーで「40万円」の査定額と言われた、7年乗ったボルボを買取業者に持っていくと、なんと「140万円」の査定額が付いたことがあるくらいです。

買取業者の査定額が高額になるのは、買取をした後の売却先を複数確保できているので、在庫になり辛いところが大きいと思います。車種によっては買取前に次の買い手が見つかっているなんてケースもあるので、相場よりも高い査定額を付けてでも買取をしたいなんてことがあります。

なので、新型シエンタを購入する際もディーラー下取りではなく、買取業者を利用するのがおすすめです。シエンタの値引き交渉のための時間を少しだけ買取業者の査定額を確認するために使ってみてはどうでしょうか。

ただ、買取業者には良い業者があれば悪い業者もあったり、同じ車でも高く買える業者、買えない業者があるので、1社だけと話をするのではなく、なるべく多くの業者での査定額を比較するのがベストな方法です。

そこで、ネットでできる「一括無料査定サービス」を利用するのがおすすめです。複数の業者にまとめてアプローチできること、競合するので高い査定額が出やすいこと、あらかじめサービス運営会社が優良業者を選定してくれていることを考えると、利用するメリットは非常に大きいと思います。

以下に、査定依頼できる業者の数が多くて、パソコンやスマホからの情報の入力が簡単にできるサービスをまとまめました。新型シエンタの値引き交渉と合わせて活用してみてください。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

・32秒で終わる簡単な情報入力をすると、概算の査定額がすぐに画面で確認できるスピードが魅力です
・サービスを運営するのは東証一部上場企業「エイチーム」なので安心
・提携している車買取査定会社も「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟してる優良企業です

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国の150社から厳選した最大10社に一括査定依頼できます
・電話でのカスタマーサポートもあって安心です
・サービス運営会社は東証マザーズ上場企業「ウェブクルー」です

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・じゃらんやリクナビを運営するリクルートのサービスです
・公式サイトに「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」が掲載されています
 

公式サイトはこちら

シエンタ 値引き 目標

シエンタの値引きの目標額は、新型ではまず「10万円」が目標になります。また、旧型シエンタはモデル末期でも「20万円」ほどが値引き額の目標でした。

新型のシエンタではハイブリッドモデルが発売されるなど、多少車両価格がアップするようなので、その分値引き額という意味では旧型より増えると思われます。ただ、値引き枠が拡大しても購入総額では旧型シエンタよりも増えてしまうと思います。

そんなシエンタですが、少しでも値引きを多く引き出すコツを紹介したいと思います。

 

・トヨタ全チャネルでシエンタの値引きを競合させる

新型シエンタからトヨタの全チャネルで発売されることになるので、シエンタ同士を競合させて値引きアップを狙うことができます。セールスのとってシエンタ同士の競合では、値引きだけでの勝負になってしまうので嫌なものです。このことを値引き交渉ではうまく利用するべきだと思います。同じトヨタでもどこで買うかでシエンタの値引き額の上限は変わってしまうので、値引きがたくさんできるトヨタディーラーを見つけるという意味でも有効な方法です。

 

© 2016 シエンタ 値引き rss